身長が低くて悩んでいませんか?身長を伸ばすための、さまざまなサプリをご紹介します。幼児向け〜中高生向け、身長を伸ばすサプリを色々な角度から徹底検証。新着サプリもいち早く掲載しますよ。身長サプリだけでなく身長を伸ばす方法もご紹介します。

身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017

身長サプリに使われる栄養素:ビタミンK

身長を伸ばす栄養素

身長サプリに使われる栄養素:ビタミンK

更新日:

ビタミンKは身長を伸ばすためのサプリに含まれている栄養素です。骨にカルシウムを吸着させる働きがありオステカカルシンを活性化させます。この成分は骨にカルシウムをつける役目があるたんぱく質でこれが活性化することで骨の土台にカルシウムが吸着します。もう一つの働きがカルシウムが骨から離れることを防ぐ作用です。骨はカルシウムの貯蔵庫の役目もあって、血中のカルシウム濃度が下がると骨から補充する性質をもっていますがそれを防ぎます。また血液を固める凝固作用もあります。血液が固まるときに働くプロトロンビンという物質を作るときに使われています。

具体的な食べ物

身長を伸ばすためにはビタミンKが栄養素として含まれている食べ物を摂取するのが良いです。ほうれん草などの青菜や納豆に豊富に含まれています。美味しい調理法だとほうれん草のバター炒めなどがあります。納豆のにおいが苦手な場合はかき揚げにすることでにおいも減って食べやすくなります。脂溶性ビタミンなので効果的に摂取するためには脂質と一緒に食べることで効率もよくなります。 納豆などの大豆製品全般に多く含まれていますが、他にもパセリや海苔、蓬や小松菜なども多いです。これらの食品が苦手だったりアレルギーがあって不足するときにはサプリメントなどもよいです。ただ、脂溶性ビタミンなので体に蓄積しやすく過剰摂取のリスクもあり、サプリメントなどを利用するときは摂取のしすぎには注意が必要です。

一日のビタミンK摂取量

身長を伸ばすビタミンKは大量に摂取したときも過剰症がないので上限量もありませんが、目安量はあります。年齢の殆どで必要量を満たすと思われる1日の摂取量でこれは科学的データや根拠が得られないときに定められています。年齢別だと生まれてから5カ月目までの乳児は4μgで、6カ月目から1才になるまでは7μgが目安量です。 成人だと体重1kgに対して1μgが目安量で、例えば体重50kgの人では50μgとなります。 食品からの摂取以外でも、腸内でも細菌によって作られるため極端な偏食をしない限りは不足することはないようです。ただ乳児(1歳ごろまで)は腸の発達が未熟なためミルクシロップなどで不足分を補う必用があります。

身長を伸ばすための:ビタミンKの効果

ビタミンKの効果は、骨は芯の部分はコラーゲンというたんぱく質で出来ていて、コラーゲンを作るためにはビタミンCが必用です。コラーゲンの上にカルシウムが沈着することで骨を作っていてコラーゲンへカルシウムを沈着するときに使われるのがビタミンDやビタミンKです。ビタミンKを摂取することでカルシウムの吸収が促されて、骨を効率よく作ることが出来て身長を伸ばすために役立ちます。食事以外からサプリで補うときは1日の摂取量を守ることが大切です。大量に摂取しても問題がないとされていますが、だからといって過剰摂取をするのは体に悪い影響が出てくる可能性があるので注意が必用です。

-身長を伸ばす栄養素
-,

Copyright© 身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.