身長が低くて悩んでいませんか?身長を伸ばすための、さまざまなサプリをご紹介します。幼児向け〜中高生向け、身長を伸ばすサプリを色々な角度から徹底検証。新着サプリもいち早く掲載しますよ。身長サプリだけでなく身長を伸ばす方法もご紹介します。

身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017

運動は身長を伸ばすには不可欠

運動と身長の関係

運動は身長を伸ばすには不可欠

更新日:

身長を伸ばす方法として運動は不可欠です。

体を動かすと成長ホルモンの分泌量が増えて、体をどんどん成長させます。たくさん体を動かした子供はそうでない子供と比べて疲れているので、夜ぐっすり眠ることもできます。成長ホルモンが多く分泌されるのは寝ている時なので、自然と睡眠時間が長くなるのも身長が伸びることにつながります。

効果的なのは骨に対し縦の刺激を与えることです。具体的にはバスケットボールやバレーボールが挙げられます。これらはジャンプする動きが多いため、骨に適度な刺激を与えられます。ただし本格的にやりすぎると、かえって成長の妨げになることがあります。オーバートレーニングを繰り返すことで翌日起きられないなど、子供の生活リズムを崩してしまうためです。

運動は成長期に必要で健康にも良い影響を与えますが、子供が無理をしない範囲でさせるのが良いです。運動が嫌いな子供に強制するのも効果的ではありません。

体を動かす機会がない子供ほど、室内でできることに熱中しやすくなります。親が身長を伸ばすために無理やり外に出しても、子供に精神的な負担がかかるだけで続きません。体を動かすにつれてスポーツも上達するので、最初は遊びの一環として体を動かす習慣を作っても良いです。

ジャンプであれば縄跳びも効果があります。反対に体の一部分にばかり負荷がかかるような運動は、身長を伸ばすという観点では避けます。体操やウェイトリフティングのような競技は、軟骨が損傷する恐れがあります。

骨の両端にある軟骨は骨端線と呼ばれます。骨端線が膨張して伸びることで体も成長するので、軟骨が損傷してしまうと伸びしろを削ることになります。腹筋や腕立て伏せなど日常的な筋肉トレーニングは骨に刺激を与えるだけで問題ありませんが、負荷がかかり過ぎる動きは控えます。

さらに自転車競技やマラソンも注意が必要です。長時間エネルギーを消費し続けるので、子供は楽しく行っていても体内でエネルギー不足に陥ることが多いです。

人間は体内でエネルギーを作り出すことができないため、体を成長させる栄養を食事で補給しています。エネルギー消費の激しい運動によりエネルギーの大部分を使ってしまうと、残りのエネルギーが生命維持のために使われ身長を伸ばす余裕がなくなります。

サイクリングやジョギング程度であればエネルギー消費量は抑えられ友人などと気軽にできるので、子供の成長を阻害しにくいです。

-運動と身長の関係
-,

Copyright© 身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017 , 2018 All Rights Reserved.