身長が低くて悩んでいませんか?身長を伸ばすための、さまざまなサプリをご紹介します。幼児向け〜中高生向け、身長を伸ばすサプリを色々な角度から徹底検証。新着サプリもいち早く掲載しますよ。身長サプリだけでなく身長を伸ばす方法もご紹介します。

身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017

寝る前にすること・してはいけないこと

睡眠と身長の関係

寝る前にすること・してはいけないこと

更新日:

寝る前にコーヒーや緑茶を飲んでカフェインを多量に摂取すると、覚醒して眠れない状態になります。

たまに行うだけなら大丈夫ですが、毎日のように続く場合には、成長ホルモンの分泌を低下させる原因になりかねません。麦茶や白湯のように、ノンカフェインの飲料で水分を補給してから寝ることは、身長を伸ばすためにも理想的な方法です。

眠れない夜を解消するために、大人は寝る前に酒を飲むことがありますが、これも本来はしてはいけないことです。飲酒の量が大量になると、体への負担は次第に大きくなり、朝に目覚める段階では余計な疲れが残ってしまいます。

この習慣を始めた直後には、ぐっすりと眠れるようになりますが、次第に体がアルコールに慣れるようになると問題です。少量では眠くならないために、さらなる飲酒を行うようになり、深酒につながってしまいます。極端な飲酒は免疫力を低下させるだけでなく、成長の機能にも影響を与えることになります。

寝る前に良い香りを嗅ぐことは、精神をリラックスさせるためにも役立ちますから、これは行っても良いことになります。お香やアロマキャンドルを使いながら、精油に由来する香り成分を室内に浸透させると、副交感神経が優位な状態に変化していきます。

結果的には自律神経の働きも安定して、成長の妨げとなる要素がなくなります。 寝る前に温かい光色の照明を使うことは、睡眠を促進させるために有効です。色温度が3000Kほどになると、夕陽のような温もりが感じられ、体内時計に睡眠する時間を伝えることができます。

ホテルの寝室で温かい色の照明が使われるのも、このような仕組みを理解しているためです。逆に冷たい光の照明を多用することは、寝る前にはしてはいけないことです。色温度が5000Kを大きく超える状態では、太陽が真上にあるような状態に近くなり、体内時計が活動的な時間だと勘違いしてしまいます。

この影響で眠れない夜が続くと、成長ホルモンの分泌量も減る場合があるため、身長を伸ばすことが難しくなります。 マッサージをすることは、健康や身長を伸ばすためにも役立つことです。緊張している筋肉を揉みほぐすことで、血流が促進して疲れも解消します。

ホルモンバランスも安定しやすくなるため、成長機能を高めるためにもなります。ツボ押しをする場合には、湧泉や百会などの経穴を選ぶことで、気血水のバランスがよくなります。お灸を使う場合には、ツボの刺激が加わるだけでなく、モグサの香りで精神が癒やされるというメリットも得られます。

-睡眠と身長の関係
-,

Copyright© 身長サプリのススメ|身長サプリ比較・身長サプリランキング2017 , 2018 All Rights Reserved.